札幌 泌尿器科 前立腺がん 膀胱がん 腎臓がん 尿路結石 尿失禁 女性泌尿器 間質性膀胱炎 の治療は「北海道泌尿器科記念病院」へ

住所
〒007-0841北海道札幌市東区北41条東1丁目1-25
交通
地下鉄南北線「麻生駅」徒歩7分
中央バス「北42条東1丁目」駅が最寄り駅です

お電話でのお問い合わせはこちら 011-711-1717 「ホームページを見た」とお伝えください

外来担当予定表

よくあるご質問

月〜金午前 8:45~11:30 / 午後 13:30~16:30
午前 8:45~11:30 ※日曜・祝日は休診日になります。

当院の特徴

当院の特徴

当院の7つの特徴

北海道泌尿器科記念病院の特徴をご紹介させていただきます。

  • 1 高度な「結石治療」

    豊富な経験による確かな技術があります

    当院では、「体外衝撃波結石破砕術(ESWL)」や、「経尿道的尿管砕石術(TUL)」、「経皮的腎砕石術(PNL)」など、高度な結石治療を行っています。ESWLではこれまでに10000例を超え、PNLにおいては、過去に700例をこえる全国有数の手術症例数をもっております。

  • 2 認定医による「内視鏡手術」

    技術認定者による安心の内視鏡手術です

    腹腔鏡手術は体にかかる負担が少なく大変有用な治療法です。しかしながら、従来の開腹手術とは違った手術における注意点も多くあります。そのため学会では体腔鏡手術の技術の標準化のため技術認定制度をもうけています。当院では、日本泌尿器科学会および日本泌尿器内視鏡学会の技術認定医を取得している医師が執刀しています。

  • 3 低侵襲な「小切開手術」を実施

    お体に負担の少ない治療方法です

    「小切開手術」は1998年に東京医科歯科大学泌尿器科で開発され、2006年に先進医療として認定され、2008年に健康保険が適用となった新しい手術法です。これにより「腹腔鏡手術」では難しかった「前立腺全摘術」や「腎部分切除術」においても、問題なく低侵襲な手術を行うことが可能となりました。

  • 4 「尿失禁・女性泌尿器科外来」

    尿失禁の専門医による的確な原因診断

    当院では、毎週火曜日の午後に女性泌尿器科/尿失禁外来を開いております。男女を問わず、尿が近い、尿が漏れてしまう、という症状にお困りの方を主に診察しております。尿失禁の専門医が、あなたの尿失禁を正しく診断し、最適な治療を提供いたしております。

  • 5 「間質性膀胱炎」も治療

    経験豊富な専門医が難しい病気も診断・治療

    激しい頻尿と膀胱尿道部の痛みが特徴で、今のところ原因は不明です。専門医でないと診断は難しく、かつ、治療にも難渋します。疑われたら早めに麻酔下での膀胱鏡検査を行うことをお勧めします。また、膀胱訓練のほか、内服薬もある程度有効で、適宜、複数の薬剤を併用します。

  • 6 「WOC認定看護師」が在籍

    有資格者による手厚い専門的なケア

    当院では、認定資格を取得し、「WOC管理室」で専従として活動している看護師が勤務しております。皮膚・排泄ケア(WOC)認定看護師は創傷(床ずれや手術の傷など)、ストーマ(人工膀胱や膀胱ろう)、失禁(便や尿が漏れる)などの方を対象に専門的なケアを提供する看護師です。

  • 7 「専門医・認定医」が高度な治療を行います

    認定医・専門医とは、高度な知識と 経験のあるスペシャリストです。

    当院では、高度な技術と知識経験を持ち合わせたスペシャリストである、専門医・認定医が複数在籍しており、日々の診療にあたっております。安心・安全な治療と、多数の手術実績は、このスペシャリスト達と、各スタッフのチーム制がスムーズに働いていることを物語っています。また、非常勤の医師もおり、安心して治療を受けられる体制を整えています。

北海道泌尿器科記念病院

住所
〒007-0841北海道札幌市東区北41条東1丁目1-25
交通
地下鉄南北線「麻生駅」徒歩7分
中央バス「北42条東1丁目」駅が最寄り駅です

● 診療・受付時間

月・火・水・木・金午前 8:45~11:30 / 午後 13:30~16:30
午前 8:45~11:30
日・祝休診
住所
〒007-0841北海道札幌市東区北41条東1丁目1-25
交通
地下鉄南北線「麻生駅」徒歩7分
中央バス「北42条東1丁目」駅が最寄り駅です

お電話でのお問い合わせはこちら 011-711-1717 「ホームページを見た」とお伝えください

外来担当予定表

よくあるご質問

月〜金午前 8:45~11:30 / 午後 13:30~16:30
午前 8:45~11:30 ※日曜・祝日は休診日になります。

Copyright © 北海道泌尿器科記念病院 All Rights Reserved,